セフレ(SEXフレンド)を持っている人の数は増えている

周囲の人でセックスフレンドがいると聞いたことがありますか?大部分の人は「そんな話は聞いたことがないよ」とか「都市伝説じゃないの?」と言います。それは、セックスフレンドを持っていることを隠しているからです。

実際に性行為を楽しむ友達関係にあることを、オープンにしません。男性はセックスのことを話したがりますが、ことセックスフレンド関係は別です。秘密にしていることが多いです。既婚者の場合はパートナーにバレるかもしれませんからね。未婚者でもそんな関係をしていることは自分にプラスにならないので隠しているのは当たり前です。

そして、自分がバレても相手に迷惑がかかることもあります。セックスフレンドの世界では、秘密にするのは暗黙の了解になっています。どうして、最近はセックスフレンドの話題が多くなっているのでしょうか?それはインターネットからの情報です。秘匿性・覆面性があるから、安心して本音を話すからです。

カカオトーク掲示板の金額も安くなっていますし、健全に利用できる環境になったこともあるでしょう。セックスフレンド募集サイトまであるほどです。

従来はセックスフレンドが欲しいと思ってもなかなか実現しませんでした。ですが、今は自分がその気になればいくらでも方法はあります。

性行為の相手がセックスフレンドならば好きなプレイができるよ!

セックスフレンドの世界では、暗黙のルールがあります。それは「恋愛感情を持ち込まないこと」です。セックスを目的としている人間関係だからです。同じ趣味の人が一緒に趣味を楽しみますよね。それと同じでセックスフレンドは、セックスが趣味なのです。ゴルフをしたり、テニスをしたり、演奏をしたりと同じ位置づけでSEXがあります。

こういったセックスフレンドを探すのがセフレ募集サイトです。一般的に登録しているのは独身でなくて既婚者です。配偶者とのSEXに刺激がなくセックスレスになっている人達が性欲を解消するために使います。

普段の相手とはできない濃厚はセックスを希望している人が多いです。その引き金になっているのがアダルトビデオでしょう。インターネットで簡単に購入できますから、従来みたいに店舗で購入したりレンタルしたりする必要がありません。これが大きいですね。「私もあんなことをしてみたい」とか「あんな風に攻められたい」と願望がでてきます。

パートナーに言えればいいのですが、「ヘンタイ!」と見られると結婚関係にも影響があります。だから、そんなことを気にせずプレイできる相手が欲しくなります。別に責任を取る必要もありませんから、相性が悪ければほかの相手を探せばいいだけです。気軽な関係ですから我慢をしなくてもOKです。